葬儀後の相続手続きの流れと期限

葬儀後の相続手続き

家族が亡くなると、通夜、葬儀、告別式などアッという間に時間が過ぎていきます。
同時に市区町村への届出をしなければならず、悲しんでいる時間もないほど、
たくさんの手続きが必要になります。

葬儀や死亡後の手続きが終わると、本格的な相続手続きが開始します。
相続手続きには期限が決められているものもあります。
まず、何をいつまでにする必要があるのか?を把握することからスタートしましょう。


 葬儀後の相続手続き一覧

 1.生命保険、年金の受給、停止等手続きをする
 2.遺言書を探す
 3.相続人を調査する
 4.相続財産を調査する
 5.相続するか、しないかを決める
 6.遺産分割協議をする
 7.遺産の名義変更をする
 8.所得税の準確定申告をする
 9.相続税の申告をする

被相続人の死亡、葬儀・法要を行う

相続は「被相続人が死亡した時(を知った時)」から開始します。
この日を基準に何日以内、何ケ月以内に手続きが必要、と決められています。

下矢印6

1.生命保険、年金の受給、停止等手続きをする

被相続人が国民年金、厚生年金保険を受給していた場合、「年金受給者死亡届」を
介護認定を受けていた場合は「資格喪失届」を提出します。
被相続人が受給していない年金があれば、相続人が代わりに未支給年金請求書を提出することで、
被相続人の未支給年金を受け取ることができます。
厚生年金は死亡から10日以内に、国民年金は死亡から14日以内に手続きが必要です。

矢印5年金、健康保険等の手続き

2.遺言を探す

遺言がある場合、その内容によってはその後の遺産分割に大きな影響を与えます。
被相続人が自分で書いた遺言(自筆証書遺言)なら、金庫や書棚、日ごろ貴重品などを
保管していた場所を探します。
公正証書遺言で残していれば、全国の公証役場でオンライン検索することが可能です。

矢印5遺言書を探す

3.相続人を調査する

被相続人(亡くなられた方)の相続人が誰なのかを確定させるために、
被相続人の出生~死亡までの連続した戸籍謄本を取寄せます。

矢印5相続人を調査する(戸籍の取り寄せ)

4.相続財産を調査、財産目録を作る

被相続人がどれだけの財産を持っていたのかを調べます。
カードや通帳、権利証、固定資産税納付通知書、郵便物等から調査、確認します。
預貯金や不動産などプラスの財産だけでなく、借金やローンなどマイナスの財産も調査します。

矢印5相続財産を調査する

5.相続するか、しないかを決める

ここまでで相続人調査と相続財産額の確定の結果

 ① そのまま相続する(単純承認)
 ② 相続しない(相続放棄)
 ③ プラスの財産の範囲で借金を返す(限定承認)

のうち、どのように相続するか3ケ月以内に決定しなければなりません。
3ケ月以内に選択しないと、自動的に財産、借金も含めすべてを相続したもの(単純承認)
となります。

▷詳しくはこちら

6.遺産分割協議をする

相続人全員で遺産をどのように分けるかを話し合います。
これは相続人全員でする必要があり、一人でも欠けると無効になってしまいます。

話し合った内容で遺産分割協議書を作成し、相続人全員の署名・実印を押印します。
一同に介して話しての話し合いが難しい場合、分割協議書を持ちまわって署名・押印を
しても構いません。

▷詳しくはこちら

7.遺産の名義変更をする

これまでに収集、作成した戸籍謄本、遺言書、遺産分割協議書等の書類を使用し
預貯金の解約、不動産の名義変更など、遺産の名義変更を行うます。

▷詳しくはこちら

8.所得税等の準確定申告をする

被相続人が亡くなった年に、所得税、消費税等の納税義務者だった場合、
相続の開始から4ケ月以内に「準確定申告」を行わなければなりません。

▷詳しくはこちら

9.相続税の申告をする

相続財産の合計額が、控除額を差し引いても一定額を超える場合、
相続税を支払わなければなりません。
この相続税の申告、納付は相続開始から10ケ月以内に行わなければなりません。

▷詳しくはこちら


「まず何からすればいいのか分からない」「自分の場合は具体的にどうすればいいのか?」など
疑問を持たれた方は、「相続・遺言そうだん窓口」にご相談ください。
「相続・遺言そうだん窓口」は行政書士、司法書士、税理士など相続手続きの専門家ネットワークがございますので、相続の幅広い質問にお答えすることが可能です。

また直接お会いして相談したいお客様は無料出張相談を実施しております。
お電話、お問い合わせフォームからご予約していただくことができます。

【ご相談について】
相続手続きはご家族の構成、相続財産の種類や額、加入している保険など、たくさん情報をお伺いすることで、お客様にとって最善の提案をすることが可能となります。
お電話のみでは最善の提案を差し上げることが難しいケースがほとんどです。
ぜひ無料出張相談をご利用ください。

相談:0円 出張:0円
年中無休 9:00~21:00

相続に関する出張無料相談のご予約はこちら


ネットワーク

代表写真3

相続に関する各専門家の連携でお客様に対応いたします!

はじめまして、相続・遺言そうだん窓口 代表の岩富淳です。

相続手続きやや遺言書の書き方を専門家に依頼する時、
誰に相談するのが良いのでしょうか?

弁護士、司法書士、行政書士、税理士・・・
どの専門家でも構わないのですが、相談する側からすれば迷います。

こういった悩みを持つお客様が気軽に相談することができ、
さらに相続に精通した各専門家が解決にあたる体制が必要だと感じ
「相続・遺言そうだん窓口」を開設いたしました。

私たちは、お客様の相続に関するお悩みや不安を解消する
お手伝いをいたします。お気軽にご連絡ください!
専門家バナー1

「相続・遺言そうだん窓口」の6つの強み

特徴1

特徴2

特徴3

特徴4

特徴5

特徴6


contact_b

Copyright (C) 2014 相続・遺言そうだん窓口 All Rights Reserved.
Top ご相談のお電話はこちら
Top ご相談のお電話はこちら