遺言書の開封は勝手にしてはダメ!?

遺言開封

亡くなった家族の遺品を整理していて遺言書が出てきたという話しはよくあります。
この時注意して欲しいのが、「勝手に開封してはいけない」ということです。
中に何が書かれているのか気になリますが、勝手に開封するのは法律(民法1004条)で
禁止されています。

 

開封するにはどうすればいいのか?

自筆証書遺言の場合は、家庭裁判所での検認手続きを経て開封をしなければなりません。

 

遺言書の検認ってなに?

裁判所の記載(家庭裁判所ホームページはこちら)では、
遺言書の検認とは「相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言書の形状・加除訂正の状態・日付・署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続」となっています。

難しく書いていますが、分かりやすく言いますと、検認とは
遺言書の有効・無効を決めるものではなく、裁判所が遺言書の偽造や変造を防ぐために、
 遺言書の内容を確認する手続き
」です。

 

検認の方法

遺言書を発見した人、保管していた人が、相続が開始した場所(遺言を書いた人が亡くなった場所)を管轄する家庭裁判所に検認の申立てを行います。

▷家庭裁判所の管轄区域
▷詳しい検認の手続きについてはこちら

 

もし開封してしまったら・・・

封のある遺言書を開封してしまったら、家庭裁判所の検認手続きを怠ったことで
5万円以下の過料に処せられる可能性があります。

しかし、
✅ 開封した人の相続権が奪われる
✅ 遺言書が無効になる

といったことはありません。
すぐに家庭裁判所に検認の申立てをし、遺言内容にとおりに相続をすることができます。


これらの内容をご覧になり、
「まず何からすればいいのか分からない」「自分の場合は具体的にどうすればいいのか?」など
疑問を持たれた方は、「相続・遺言そうだん窓口」にご相談ください。

「相続・遺言そうだん窓口」は行政書士、司法書士、税理士など相続手続きの専門家ネットワークがございますので、相続の幅広い質問にお答えすることが可能です。

また直接お会いして相談したいお客様は無料出張相談を実施しております。
お電話、お問い合わせフォームからご予約していただくことができます。

相談見積り0-1

 

【ご相談について】
相続に関してはご家族の構成、相続財産の種類や額、加入している保険など、たくさん情報を
お伺いすることで、お客様にとって最善の提案をすることが可能となります。
お電話のみでは最善の提案を差し上げることが難しいケースもございます。
ぜひ無料出張相談をご利用ください。

相談:0円 出張:0円
年中無休 9:00~21:00

相続に関する出張無料相談のご予約はこちら


ネットワーク

代表写真3

相続に関する各専門家の連携でお客様に対応いたします!

はじめまして、相続・遺言そうだん窓口 代表の岩富淳です。

相続手続きやや遺言書の書き方を専門家に依頼する時、
誰に相談するのが良いのでしょうか?

弁護士、司法書士、行政書士、税理士・・・
どの専門家でも構わないのですが、相談する側からすれば迷います。

こういった悩みを持つお客様が気軽に相談することができ、
さらに相続に精通した各専門家が解決にあたる体制が必要だと感じ
「相続・遺言そうだん窓口」を開設いたしました。

私たちは、お客様の相続に関するお悩みや不安を解消する
お手伝いをいたします。お気軽にご連絡ください!

専門家バナー1

 

「相続・遺言そうだん窓口」の6つの強み

特徴1

特徴2

特徴3

特徴4

特徴5

特徴6


contact_b

Copyright (C) 2014 相続・遺言そうだん窓口 All Rights Reserved.
Top ご相談のお電話はこちら
Top ご相談のお電話はこちら