遺言書の書き方~文例サンプル~

遺言と遺留分

遺言でも100%思い通りにならない場合もある

相続財産は、遺言があればその通りに分けるのが原則です。しかし遺言が残されていても100%思い取りにならない場合もあります。

例えば、「愛人に全財産を譲る」や「二男に全財産を相続させる」というような偏った内容の遺言は、その他の相続人からすると納得がいかない場合も出てきます。

 

 遺留分に配慮して遺言を書く

遺留分とは、法律で守られた相続人が最低限相続できる割合のことです。

「愛人に全財産を譲る」や「二男に全財産を相続させる」といった遺言を残しても、
その他の相続人は一定額を相続する権利があり、お金を返してもらうことができます。

遺留分がもらえる相続人は?

遺留分は相続人全員に認められているわけではありません。
第三順位の相続人(兄弟姉妹・甥姪)には認められていません。

遺留分が認められる相続人は

配偶者

子供、孫(直系卑属)

両親、祖父母(直系尊属)

に限られています。

遺留分はどれだけあるのか?

実際の遺留分の割合は、相続人の組み合わせによって変わります。
▶詳しい遺留分割合について

つまり、極端にに偏った内容の遺言を残すと、残された家族や相続人のトラブルになる可能性が
あるので、この遺留分に配慮した内容で遺言を書くことをおすすめします。

 

 遺言書の作成を考えているお客様へ

「相続・遺言そうだん窓口」では自筆証書遺言、公正証書遺言の作成に必要なすべての書類取り寄せ、作成、 公証役場との折衝、遺言書案の作成、証人2人の日当費用すべて含めたサービスを提供しております。

確実に遺言内容を実現したい方は

公正遺言誘導バナー2

自分で遺言を書きたいが不安な方は

自筆遺言誘導バナー2

遺言書内容を他人に知られたくない場合もご安心ください。
証人は国家資格である行政書士等が対応致します。
国家資格者には守秘義務がありますので、遺言書の内容が外に漏れることは絶対にありません


 相続・遺言そうだん窓口に依頼するメリット

○ 必要書類をすべてご用意します

公正証書遺言の作成には戸籍謄本や固定資産評価証明書などさまざまな書類が必要となります。
遺言書作成に必要な書類の作成、取り寄せをすべて行います。

○ 公証人との打ち合わせ(公正証書遺言のみ)

公証人との打ち合わせにはある程度の法律知識も必要となります。
お客様の希望内容を可能な限り実現できる方法を交渉します。

○ 遺言作成のプロが文案作成をいたします

お客様のご希望、ご家族の負担、リスク、費用面、さまざまな点を考慮して、最善の遺言書内容を提案します。

○ 証人の心配は不要です(公正証書遺言のみ)

未成年者

遺言で財産を譲りうける人、その配偶者、その直系血族

公証人の配偶者、4親等内の親族

公証役場の職員など

遺言書の内容を読めない、確認できない人

は証人になることができません。

「遺言内容は親族や他人に知られたくない」「証人がなかなか見つからない」といった場合も
ご安心ください。

「相続・遺言そうだん窓口」の遺言書作成サービスでは、
証人2人の立ち合い費用も含めたサービスとなっています。

○ 守秘義務

遺言書内容を他人に知られたくない場合もご安心ください。
証人は国家資格である行政書士等が対応致します。
国家資格者には守秘義務がありますので、遺言書の内容が外に漏れることは絶対にありません。

○ 遺言執行も可能

遺言執行者として指定いただくことも可能です。
「相続・遺言そうだん窓口」の代表が責任をもってお客様の遺言を内容を実現いたします。

○ 作成後の遺言保管も安心(自筆証書遺言の場合)

遺言作成後、遺言書をどこに保管すればいいのか?というご心配は無用です。
「相続・遺言そうだん窓口」では遺言書保管サービスも行っております。


これらの内容をご覧になり、
「まず何からすればいいのか分からない」「自分の場合は具体的にどうすればいいのか?」など
疑問を持たれた方は、「相続・遺言そうだん窓口」にご相談ください。

「相続・遺言そうだん窓口」は行政書士、司法書士、税理士など相続手続きの専門家ネットワークがございますので、相続の幅広い質問にお答えすることが可能です。

また直接お会いして相談したいお客様は無料出張相談を実施しております。
お電話、お問い合わせフォームからご予約していただくことができます。

相談見積り0-1

 

【ご相談について】
遺言書の作成はご家族の構成、相続財産の種類や額、加入している保険など、たくさん情報をお伺いすることで、お客様にとって最善の提案をすることが可能となります。
お電話のみでは最善の提案を差し上げることが難しいケースがほとんどです。
ぜひ無料出張相談をご利用ください。

相談:0円 出張:0円
年中無休 9:00~21:00

相続に関する出張無料相談のご予約はこちら


ネットワーク

代表写真3

相続に関する各専門家の連携でお客様に対応いたします!

はじめまして、相続・遺言そうだん窓口 代表の岩富淳です。

相続手続きやや遺言書の書き方を専門家に依頼する時、
誰に相談するのが良いのでしょうか?

弁護士、司法書士、行政書士、税理士・・・
どの専門家でも構わないのですが、相談する側からすれば迷います。

こういった悩みを持つお客様が気軽に相談することができ、
さらに相続に精通した各専門家が解決にあたる体制が必要だと感じ
「相続・遺言そうだん窓口」を開設いたしました。

私たちは、お客様の相続に関するお悩みや不安を解消する
お手伝いをいたします。お気軽にご連絡ください!

専門家バナー1

 

「相続・遺言そうだん窓口」の6つの強み

特徴1

特徴2

特徴3

特徴4

特徴5

特徴6


contact_b

Copyright (C) 2014 相続・遺言そうだん窓口 All Rights Reserved.
Top ご相談のお電話はこちら
Top ご相談のお電話はこちら